書き方

ブログのリライトやり方 - SEOで成功するための実践ガイド

12月 19, 2023

今回は、ブログのリライトやり方とSEOについて

「もう何度もブログを更新してるけど、いつもGoogleの5ページ目のどこかに埋もれちゃう。どうしたらいいのかな?」

「それ、多くのブロガーが直面する問題ですね。実は、検索順位を上げるには、単なる更新ではなく、賢いリライトにあるんです。この記事では、ブログ リライト やり方を具体的に、そして分かりやすく解説します。読者の視点を踏まえたリライトで、あなたのブログも検索の上位に!」

大樹
大樹

便宜上ページで表現してますが、Google検索ページは現在無限スクロールを採用しています

リライトの重要性とユーザー目線の強調

コンテンツのためのリライトの重要性について説明している記事のセクションのアニメ スタイルのイラスト

ブログ記事のリライトは、単に古いコンテンツを書き直して更新するだけではありません。

大樹
大樹

記事をリライトする目的は以下の2点です!

  • 検索結果で上位に来るための手段(SEO)
  • 読者さんが読みたくなるような、最新でわかりやすい内容にする

SEO効果を高めることで、記事は検索エンジンによりよく評価され、検索結果での順位が上がります。これにより、より多くの読者に記事が届き、トラフィックが増加します。

なので、リライトするときは、自分のことより読者さんのことを考えてみてください。読者さんが何を知りたいのか、その視点で記事を見直してみると、きっともっと素敵なブログになるはずですよ!

読者の視点からのコンテンツの評価

リライトの際には、自分自身の視点ではなく、読者の視点でコンテンツを評価することが重要です。これは、記事が読者の疑問を解決し、必要とする情報を提供しているかどうかを理解するためです。

読者の視点からコンテンツを評価することで、記事の構造、言葉遣い、提供する情報の種類や深さを適切に調整できます。

また、読者の視点から評価することは、検索意図に基づいてコンテンツを最適化することにも繋がります。

検索意図とは、ユーザーが特定の検索クエリを使用する際の真の目的です。例えば、あるユーザーが「ブログ リライト やり方」と検索する場合、そのユーザーは恐らく具体的なステップやテクニックを学びたいと考えています。

したがって、この検索意図を満たすためには、実践的なアドバイスや具体例を提供することが重要です。

要するに、リライトの過程では、SEO効果の向上と読者にとっての価値提供のバランスをとること、そして読者の視点からコンテンツを評価し、検索意図に沿った内容を提供することが不可欠です。

リライト対象記事の選定基準

手間暇かけてリライトするからには、リライトの効果をあげたいですよね。それには、SEOの観点から最も効果的な改善が見込める記事を選ぶことが重要です。

伸二
伸二

でも、どの記事をリライトしたらいいのかわからない場合は?

具体的には、検索順位やクリック率を分析して、改善の余地がある記事を特定します。また、既にある程度のトラフィックを得ているが、さらなる向上が見込める記事を選ぶことも有効です。

この選定プロセスにより、リライトの努力が最大限の効果を発揮できるでしょう。

現在の検索順位50位を境に選定する

他のブログでも紹介されてると思いますが、検索順位を参考にしてリライト対象記事を選びます。

  • 検索50位以内 リライトにより、検索順位が上がる可能性がある
  • 検索50位以上 そもそも検索エンジンの評価が低いので新記事を作成したほうが効果的

実際に、20位前後の記事をリライトした場合、それなりの変動を見せてくれましたが、検索70位だと、まったく効果(変動)がありませんでした。

低評価なコンテンツはサイトの足を引っ張る場合があるので、削除して新たに記事を作成したほうがよいでしょう。とはいえドメインが育っていないのが理由で評価されていない場合は慎重に対処しましょう。

運営者やサイトの状況によっては、リライトよりもPDRサイクルがおすすめです。

情報が古くなっていないか

記事の情報が古くなっている場合、以下のデメリットが発生します。

  • 最新のデータやトレンドが反映されていない
  • 参照リンクが無効になっていることがある
  • SEO効果の低下

検索エンジンは最新の情報を好むため、古い記事は検索結果で低くランクされる傾向があります。 読者も最新の情報を求めるため、古い情報は興味を引きにくくなります。 これらの問題を解決するためには、記事のリライトや更新が必要です。

リンク切れは、読者の信頼を失ってしまうので、プラグインを利用して定期的に確認することをおすすめします。

ツールによる選定

大樹
大樹

Google Search Console を使ってます。

Google Search Console は、Googleが無料で公開しているツールです。ページごとのデーターを見ることができるのでリライト対象記事を探すのに重宝します。

また、各クエリごとの「クリック数」「表示回数」「CTR」「掲載順位」を参考に対策を立てることもできます。

もっと視覚的に分かりやすく対象記事を見つけるには、「Google Search Console bubble chart 」を使いましょう。

Google Search Console(GSC)のバブルチャートは、ウェブサイトの検索パフォーマンスを視覚的に分析するためのツールです。このチャートは、異なる検索クエリやページのパフォーマンスを一目で比較し、理解するのに役立ちます。

バブルをポイントすると、対象クエリとCTRなどが表示されます。クリック数が多いとバブル(玉)も大きくなります。

バブルが大きいものを選んでリライトの対象にしましょう。

Google Search Console bubble chartの表示画面

縦軸は、「平均検索順位」。横軸が、「CTR(クリック率)」です。平均値の赤線で4つの区画に分類されます。

  • 右上の1の区画は、検索順位が高くクリック率も高い。
  • 右下2の区画は、検索順位は高くないが、クリック率は高い。
  • 左上3の区画は、検索順位は高いがクリック率が低い。
  • 左下4の区画は、検索順位もクリック率も低い。

右上は、特にリライトの必要はなく、左下は、評価が低いのでリライトの対象になりません。対策するのは、右下左上となります。

Google Search Console bubble chart は、無料で利用できます。

リライトの最適なタイミング

リライト対象記事のタイミングを考えている人物のアニメ風イラスト

リライト対象記事の選定基準が分かったところで、気になるのはリライトのタイミングですよね。

伸二
伸二

いつリライトすればいいのか具体的に知りたい

具体的なリライトの時期は以下の3点。

  • 検索順位の変動
  • トラフィックの減少
  • 情報の陳腐化

検索順位が下降し始めたり、訪問者数が減少した時が最適です。また、業界の重要な変更やトレンドの変化があった場合もリライトの良い機会です。

検索順位の変動

検索結果での順位が下降している場合、リライトによって順位を改善できる可能性があります。

検索順位の変動を調べるには、Google AnalyticsやGoogle Search Consoleなどのツールを使って、検索順位の変動を定期的に監視しましょう。

伸二
伸二

検索順位の変動をどう判断すればいい?

リライトの最適な時期の具体的な判断をするには、Google Search Consoleで、過去3ヶ月間の検索順位の推移をチェック。

順位が徐々に下降している記事がリライトの候補です。

トラフィックの減少

記事への訪問者数が減少している場合、リライトで内容を更新し、読者の関心を再び引き付けることが重要です

訪問者数の減少をどのように分析し、リライトの必要性をどう判断するのかが、ポイントになります。

伸二
伸二

トラフィックの減少? 具体的にどうやればいい

トラフィック減少の分析は、訪問者数の減少やページ滞在時間の短縮などの指標を通じて、トラフィックの減少を分析します。

具体的な分析としては、Google Analyticsでページビュー数や訪問者数の推移を分析。3ヶ月または6ヶ月の期間で比較し、顕著な減少が見られる記事をリライトの対象としましょう。

また、競合との内容に差異がないか確認しましょう。

情報の陳腐化

業界のトレンドやデータが変化して、記事の情報が古くなっている場合もリライトするタイミングです。

大樹
大樹

扱っているテーマにより情報のアップデートには差があります

記事の情報が古くなっているかどうかをどのように判断するか。

情報の古さの評価と対処法としては、業界の専門サイトやニュース、最新の研究論文を定期的に確認。記事内のデータや情報がこれらの最新情報と異なっている場合は、最新のデータや情報に基づいて内容を更新する必要があります。

  • 技術進歩: 新しい技術や製品が登場すると、関連するコンテンツを最新情報に更新する必要がある。
  • 市場動向の変化: 消費者の嗜好や市場トレンドの変化に応じて、コンテンツを現代のニーズに合わせる。
  • 法改正: 法律や規制の変更があると、法的な情報を含むコンテンツを更新する必要が生じる。
  • 社会的イベント: 大きな社会的、経済的イベントがコンテンツの関連性に影響を及ぼす可能性がある。

これらの変化はコンテンツの有効性や正確性に直接影響を与えるため、リライトを通じて最新の情報を提供することが重要です。

リライトにおけるSEO対策の要点

SEO対策について考えている人物のアニメ風イラスト

古い情報を最新のものに更新したり、詳細や新しいデータを追加するだけでなく、SEOも対策しましょう。

そのためには、記事のパフォーマンスを追跡する必要があります。

  • Google Analyticsなどを用いて、トラフィックとユーザー行動を追跡。
  • Search Consoleを使って、主要キーワードの検索順位を定期的にチェック。

タイトルとメタディスクリプションの最適化

たとえば、Google Search Console bubble chart で左上に表示されているクエリの場合。

「左上3の区画は、検索順位は高いがクリック率が低い」

大樹
大樹

タイトルに問題がありそうですね

改善策としては以下のとおり。

  • ターゲットキーワードを組み込む。
  • 読者の関心を引く魅力的な表現を使用。

同じく、メタディスクリプションの最適化も行いましょう。

タイトルやメタディスクリプションの改善には、ChatGPTが使えます。

キーワード戦略の見直し

「どんなキーワードで、Googleに評価されているのか」を調べてキーワードの見直しと調整をします。

ツールは、Search Console。リライト対象のページを開いて、「クエリ」を開きます。

自分が設定したキーワードで、クリックが少ない場合は、対策キーワードの見直しが必要になります。

大樹
大樹

Googleは、あなたの設定したキーワードで評価していない可能性があります

原因は以下のとおりです。

  • 検索意図のズレ
  • 記事の内容や情報量の不足
  • オリジナリティ(一次情報)の不足

対策として、検索意図に沿った内容への修正や、不足している情報の追記が有効です。また、競合が強いキーワードについては、ロングテールキーワード(より具体的で特定のニーズに特化したキーワード)へのシフトも考慮すると良いでしょう。

これらの点を踏まえ、SEO対策におけるキーワード戦略の見直しは、検索エンジンにおける評価向上と、ユーザーにとっての価値あるコンテンツ提供の両面で重要な役割を果たします。常にユーザーのニーズと検索動向を分析し、適切なキーワード戦略を立てることが、SEO対策の成功への鍵です。

内部リンクの見直し

ブログのコンテンツをリライトする際、単にテキストを改善するだけでなく、内部リンクの構造を見直すことは非常に重要です。

内部リンクは、ユーザーがサイト内で情報を見つけやすくするだけでなく、検索エンジンにサイトの構造を理解させる役割を持っています。

大樹
大樹

関連する他のページへのリンクを強化しましょう

リライトするコンテンツと関連性の高い記事や、ユーザーにとって価値が高いと思われるコンテンツを特定します。そして、テキスト内に自然な形で内部リンクを配置します。

内部リンクを通じて関連するコンテンツに簡単にアクセスできるようにすることで、ユーザーのサイト内での滞在時間や利便性が向上します。

4. 継続的な改善

リライトの効果は時間をかけて評価されるため、定期的な分析と継続的な改善が重要です。

効果的なリライトとは、ユーザー体験と検索エンジンの両方に対して最適化されたコンテンツを提供することに焦点を当てるべきでしょう。

    -書き方
    -