書き方

【ストーリーテリング】共感してもらえるブログ文書の書き方

7月 21, 2023

ストーリーテリングは、古代から人々が情報を伝え、共感を生むために用いてきた強力な手段です。物語は、ブログ文書の作成においても非常に有効です。

ブログは、情報を発信するための素晴らしいプラットフォームです。しかし、情報をただ伝えるだけでは、読者の心を動かすことはできません。それには、読者の感情に訴え、共感を喚起するストーリーテリングが必要です。

この記事では、ストーリーテリングがもたらす共感力と、それをどのようにブログ文書の作成に活用するかについて詳しく説明します。具体的なブログ文書の書き方から、キャラクター作成のヒント、感情的な深みを作り出す方法まで、あなたが共感力を高めるブログ文書を作成するためのガイドとなる情報を提供します。

第一章】ストーリーテリングと共感力のメカニズム

ストーリーテリングは、読者の共感を引き出す強力な手段です。物語を通じて、読者はキャラクターの経験や感情を自分のものとして感じ、その結果、読者とキャラクター、そして物語そのものとの間に深いつながりが生まれます。この章では、そのメカニズムについて詳しく解説します。

ストーリーテリングの成功例として、スティーブ・ジョブズの「伝説のスピーチ」が有名です。身近なところでも、AmazonのCMが挙げられます。

このように、ストーリーテリングを用いることで、企業は読者の共感を引き出し、ブランディングにもつながるエンゲージメントを生み出しています。言葉や映像だけはなく、私たちが書いているブログ文章にストーリーを乗せることで、共感や感動を生み出すことができます。

ストーリーテリングの基本的な要素

ストーリーテリングには、物語を魅力的にし、読者の共感を引き出すためのいくつかの基本的な要素があります。それらは以下の通りです。

  • キャラクター
  • 設定
  • プロット(物語の流れ)
  • コンフリクト(問題や困難)
  • 解決

これらの要素が組み合わさることで、物語は生き生きとし、読者の心を動かします。

キャラクターの作り方

キャラクターは物語の中心であり、読者が共感する対象です。キャラクターが魅力的であればあるほど、読者はそのキャラクターの経験や感情に共感しやすくなります。キャラクターを作る際には、その外見、性格、背景、目標などを明確にすることが重要です。

例えば、以下のようなキャラクター作成例があります。

【外見】茶色のショートヘアが風に揺れる 明るく笑顔を絶やさない 中背で、スポーティな体型とともに、個性的なアクセサリーを身に着けている

【性格】創造的で頭の回転が速いが、時折自信を失うこともある 責任感が強く、家族や家庭を最優先に考える 努力家で困難に立ち向かう意志を持ちつつ、冒険心も持っている

【背景】共働きの主婦で家を購入したいという夢を追い求めている 過去に借金の経験があり、経済的な安定を望んでいる 現在は節約に努めつつ、自己啓発にも積極的に取り組んでいる

【目標】家を購入するために貯金を増やすことを目指す 副業や収入源の多様化を模索し、経済的な安定を確立する 困難な状況やライバルに立ち向かいながら、家族と共に理想の生活を手に入れる

このキャラクターは共働きの主婦として家を購入したいという現実的な目標を持ちながらも、貯金がなかなか増えずに節約に努力しているという状況を反映しています。読者はこのキャラクターの努力や困難を共感し、共働きの現実や家計管理の難しさについて考えさせられるでしょう。

物語の構造, 導入, 展開, 結末

物語の構造は、その骨格とも言える部分で、物語を理解し、楽しむための重要な要素です。物語の基本的な構造は三部構造とされ、それぞれ導入、展開、結末と呼ばれます。

導入部では、物語の背景、登場人物、状況などが紹介されます。これは読者や聴衆が物語の世界に引き込まれるための基盤を作ります。導入部は物語の世界を設定し、読者に物語の舞台となる世界を理解する機会を提供します。

次に展開部です。この部分では、物語の主要な問題やコンフリクトが発生し、登場人物がそれに対峙します。この部分は物語の大部分を占め、ドラマや緊張感を生み出します。展開部は物語の核心部であり、物語の主要な出来事や葛藤が展開されます。

最後に結末部です。ここでは、物語のクライマックス(解決)と結末が含まれます。物語の主要な問題やコンフリクトが解決され、物語が閉じられます。結末部は物語の解決部であり、物語の主要な問題や葛藤がどのように解決されるか、そして物語がどのように終わるかを示します。

以上の三部構造は、物語を理解し、楽しむための基本的なフレームワークを提供します。物語の構造を理解することで、物語の深層を探求し、より豊かな読書体験を得ることができます。

感情的な深みの作り方

感情的な深みは、物語が読者の心を動かすための重要な要素です。これは、キャラクターの感情や物語のテーマを深く掘り下げることで作り出されます。感情的な深みがある物語は、読者の心に強く響き、共感を引き出します。

これらの要素がどのように組み合わさって共感を生み出すのか、そのプロセスについては次の章で詳しく解説します。

第二章:ストーリーテリングの効果と活用方法

ストーリーテリングは、ブログ作成における強力な手法です。それは、読者との深いつながりを築くための鍵となります。

この章では、ストーリーテリングがブログでどのように効果を発揮するのか、そして物語の構築方法、キャラクターの創造、そして物語を視覚的にどのように表現するかについて、具体的な例を交えて解説します。

ストーリーテリングの効果

ストーリーテリングは、読者の感情に直接訴え、共感を引き出す力を持っています。

例えば、あるブログが自分の旅行経験を物語として描くとします。その物語は、読者が自分自身を投影し、自分の経験や感情を共有するための枠組みを提供します。これにより、読者はブログの内容に深く関与し、そのメッセージにより強く反応します。

また、ストーリーテリングは、情報を覚えやすくする効果もあります。物語の形式で情報を伝えると、その情報は読者の記憶に深く刻まれ、長期間保持されやすくなります。

物語の作り方

物語を作る際の基本的な要素は、設定、キャラクター、コンフリクト(問題)、解決、そして結末です。これらの要素を組み合わせて、読者が共感し、興味を持つ物語を作り出します。

例えば、設定は物語の背景であり、キャラクターが活動する世界を描きます。キャラクターは物語の主人公であり、読者が共感し、感情を投影する対象です。

コンフリクトは物語の中心的な問題であり、キャラクターが直面し、解決を試みる課題です。解決はコンフリクトがどのように解決されるかを描き、結末は物語の最終的な結果を示します。

キャラクターの作り方

キャラクターを作る際には、そのキャラクターが読者に共感を引き出すように、人間的な特性と感情を持つように設計します。キャラクターが直面する問題や課題、そのキャラクターがどのようにそれを解決しようと試みるかを描くことで、読者はキャラクターと共感します。

キャラクターについては、第三章で詳しく解説しますが、ブログ記事を書く際ペルソナを設定しますがペルソナをキャラクターにして記事を書くと共感度も上がるのではないでしょうか?

ペルソナに関しては以下の記事を参考にしてください。

物語を視覚的に表現する方法

物語を視覚的に表現することで、読者の感情により深く訴え、物語とのつながりを強めることができます。例えば、画像や挿絵、動画などの視覚的な要素を活用して、物語の情景を描き出し、読者の想像力を刺激します。ブログ記事においては、物語のキーモーメントを捉えた写真や、キャラクターのスケッチ、または物語の場面を描いた動画などが有効です。

第三章:共感を引き出すキャラクター作り

ストーリーテリングにおけるキャラクターの役割は極めて重要です。キャラクターは物語を動かし、読者の共感を引き出す主要な要素です。

この章では、キャラクターが物語にどのような影響を与え、どのように読者の共感を引き出すのか、そしてキャラクター作りのポイントやテクニックについて、具体的な例を交えて詳しく解説します。

キャラクターが物語に与える影響

キャラクターは物語の中心であり、物語の進行や結末を決定します。

例えば、アニメ「ドラえもん」では、ドラえもん自身の行動や選択が物語の展開を左右し、読者の感情を揺さぶります。また、ドラえもんが、のび太を助けるために道具を使う様子や、ノビタ自身の成長と変化は物語のテーマを強調し、読者に深い印象を与えます。

共感を引き出すキャラクターのメカニズム

キャラクターが読者の共感を引き出すメカニズムは、キャラクターの人間性とリアリティにあります。

例えば、アニメ「ドラえもん」の主人公、のび太は人間らしく、リアルな感情や経験を持っているため、視聴者は彼に共感しやすいです。のび太は日常の困難に直面し、ドラえもんの道具を使ってそれを解決しようとします。その過程でのび太が困難を乗り越えたり、成長したりする様子を描くことで、視聴者は彼の成功を自分のものとして感じ、共感を深めます。

キャラクター作りのポイントとテクニック

キャラクター作りにはいくつかのポイントとテクニックがあります。まず、キャラクターには明確な目標と動機を持たせることが重要です。これにより、キャラクターの行動に一貫性が生まれ、読者はキャラクターの行動を理解しやすくなります。

例えば、「ワンピース」の主人公、ルフィーは「海賊王になる」という明確な目標と動機を持っており、そのための行動は一貫しています。また、キャラクターには強みと弱みを持たせることで、キャラクターが人間らしく、リアルに感じられます。ルフィーの強みはその非凡なゴムゴムの力と仲間への強い絆であり、弱みは海に弱いという特性です。さらに、ルフィーの背景や過去の経験を描くことで、ルフィーの性格や行動の理由を深く理解できます。

キャラクターを視覚的に表現する方法

キャラクターを視覚的に表現する方法、例えば画像や挿絵を使用することは、キャラクターをより鮮やかに描き出す効果的な手段です。

例えば、「はじめの一歩」のマンガやアニメでは、主人公・幕之内一歩のイラストや映像が使われており、読者が一歩の外見や感情を具体的にイメージしやすくし、一歩とのつながりを強めます。ただし、視覚的な表現を使用する際には、キャラクターの特性や物語のテーマを適切に反映することが重要です。一歩の特性やボクシングへの情熱は、彼の視覚的な表現を通じて強く反映されています。

第四章:興味と期待を引き出す序章作り

ストーリーテリングにおける序章の役割は極めて重要です。序章は物語の入り口であり、読者の興味や期待を引き出す主要な要素です。この章では、序章が物語にどのような影響を与え、どのように読者の興味や期待を引き出すのか、そして序章作りのポイントやテクニックについて、具体的な例を交えて詳しく解説します。

序章が物語に与える影響

序章は物語の始まりであり、物語のトーンやテーマを設定します。例えば、J.K.ローリングの「ハリー・ポッターと賢者の石」では、序章でハリーの両親が亡くなったこと、そして彼が魔法使いであることが明らかにされ、物語全体のトーンとテーマが設定されます。このように、序章の内容やスタイルは、読者が物語全体に対して持つ期待や興味を形成し、物語を読み進める動機を提供します。

興味と期待を引き出す序章のメカニズム

序章が読者の興味と期待を引き出すメカニズムは、序章のサスペンスと新奇性にあります。例えば、ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」では、序章で謎の殺人事件が起こり、その解決を求めて読者は物語を読み進めます。また、新しい世界や独特のキャラクターを紹介すれば、読者はその新奇性に引きつけられ、物語に深く没入します。

序章作りのポイントとテクニック

序章作りにはいくつかのポイントとテクニックがあります。まず、序章には物語のテーマやトーンを明確に示すことが重要です。これにより、読者は物語の全体像を予想し、物語に対する期待を形成します。また、序章には物語のキャラクターや設定を紹介することで、読者は物語の世界に引き込まれます。さらに、序章には物語の謎や未解決の問題を提示することで、読者の興味や好奇心を刺激します。

序章を視覚的に表現する方法

序章を視覚的に表現する方法、例えば画像や挿絵を使用することは、序章をより鮮やかに描き出す効果的な手段です。例えば、「ハリー・ポッター」の本や映画では、序章のシーンに対応するイラストや映像が使われており、読者が物語の世界やキャラクターを具体的にイメージしやすくし、物語とのつながりを強めます。ただし、視覚的な表現を使用する際には、物語のテーマやトーンを適切に反映することが重要です。

まとめ

ストーリーテリングは、ブログ記事作成の強力なツールです。それは、読者の共感を引き出し、深い絆を作り上げるための鍵となります。以下に、その要素と組み合わせ方を学び、それらがどのように共感力のあるブログ記事を作り出すのかを理解するためのガイドを提供します。

  1. ストーリーテリングの理解: 物語の構造を理解し、読者の興味や期待を引き出す要素を適切に配置することが、ストーリーテリングの効果的な活用方法です。
  2. 視覚的な表現の活用: 物語の視覚的な表現を活用することで、読者の感情に訴え、物語とのつながりを強めることができます。
  3. 読者との強い絆の作り方: ストーリーテリングの真の力は、読者との強い絆を作り上げることにあります。物語を通じて、読者の心に深く響くメッセージを伝え、読者の感情や経験に共感することで、読者との深いつながりを築くことができます。

このガイドが、あなたのブログ記事作成に役立つ情報とインスピレーションを提供できたなら、嬉しく思います。あなたの物語が、多くの読者の心に響き、共感を引き出すことを心から願っています。

    -書き方
    -